財産の残し方

公正証書で紛争を回避

人間は生きていると色々な紛争に巻き込まれる可能性があります。
普段は優しそうな性格をしていて、争い事を好まないような人が何らかのきっかけによって態度が豹変して、争い事を起こすということはよくあることです。
よって、事前に争い事が起きないように気をつけておくことは人間が生きていく上で大切なことになります。

争い事が起きる原因は色々とあります。
その中で最も身近に起こりやすいことであり、人間にとって一番感心のあることはやはりお金です。
お金に関する争い事は毎日起きていることであり、あなたの周りでもお金に関するトラブルが起きたことがあるのではないでしょうか。

特に相続では、お金に関する紛争が起きやすいです。
誰だって大金を手にする可能性があるのならば、それに関わりたいと思うでしょう。
相続の場合は、民法によって公平な基準が作られていますが、あくまでも目安のようなものであり、本人の意思に逆らうことはできません。
遺言が一番優先されることになっています。
よって、被相続人が無くなってしまい、遺言の内容が発表された時に色々と不満を言う人や紛争に発展させようとする人が出てくるかもしれません。

基本的には、遺言状があればそれに従う必要があるので、紛争を解決する手段となります。
しかし、遺言はきちんと法律で決められているように書かないと法的に認めてもらえなくなります。
そうなると、せっかく当人が遺言状を書いたのに、その人が死んでしまった後で遺言状が無効であることが分かり、無駄な争い事の種を産んでしまうことになります。

そのようなことを避けるために遺言状を作成する時には公正証書の形で作ることをオススメします。
公正証書というのは、公務員の方がきちんとした方法に従って、遺言状を作成して、その保管も請け負ってくれるのです。
公正証書で遺言状を書いておけば、自分が死んだ後に様々な紛争が起こる可能性を低くすることができます。
まだ遺言状を書いていない方は、ぜひ公正証書を作成しましょう。
Copyright(C) 遺産の分け方 All Rights Reserved.