財産の残し方

生前相続とは?

皆さんは相続についての知識をどれくらい持っているでしょうか。
相続に関しては、実際に身内がそれに関わった経験がないと、なかなか知る機会がないですし、自分で勉強をしようとも思わないでしょう。
しかし、相続に関する知識を持っておくことは非常に大切なことなのです。
特に、ご両親や祖父祖母などがある程度の年齢に達したのであれば、必ずあなたも遺産相続に関わりを持つことになります。
そうなる前に、それなりの知識を得ることは大事でしょう。

相続と聞くと、その人が死んでから遺産を分配するものだと考えている方が多いかもしれません。
しかし、それ以外にも相続の仕方というのはあります。
その中の一つの方法として、生前相続というものがあります。
これは、65歳以上の親が成人の子供たちに対して生前贈与をする場合には、ある程度の額を超えない限りは非課税となるという制度が作られたため、最近は生前贈与をする方が増えているのです。

昔は生前贈与をする場合の贈与税はかなり高かったのですが、少子高齢化の時代となり、また長生きをする方が増えたので、全く動きのない財産というものを無くすために、贈与税をできるだけ負担が少ないようにするという方向に法律が改正されたのです。
ただし、親が死んだ場合には結局贈与税を払う必要があります。

相続を前倒しにして行うことができるようになったということは、良いことです。
これによって、たとえば、親が無駄に財産を貯めこんでおいて、それを使用しないという自体を防ぐことができます。
子供の方も、どうせ親が亡くなった場合には相続をすることになるのですから、それならば早めに受け取っておいたほうが処理は楽になります。

また、これからは贈与税に対する増税への改正が進められていく予定があります。
そこで、生前相続を利用して、なるべく非課税の状態で相続をさせて、将来の贈与税のための資金を作るのに利用させるという方法もあります。
生前相続について色々と勉強をしてみましょう。
Copyright(C) 遺産の分け方 All Rights Reserved.