財産の残し方

夫婦、親子以外も相続できる?

相続というのは、人が死んでしまった時に、その人の所有物であった不動産や現金などの財産、あるいは借金や債務などの負債を、決められた人間に分割をして与えることです。
決められた人間というのは、遺言によって生前に当人があらかじめ誰にどれだけの遺産を与えるのかを決めておくか、または民法によって決められた相続人のことです。
相続人が決まったら、遺言に書いてある場合はその通りに遺産を分割して、遺言がなければ当人たちで話し合ってそれぞれがどれだけ遺産を受け取るのかを決めます。

多くの場合は、相続は夫婦や親子間だけで行われます。
これが一番問題が起きない方法ですし、わざわざ夫婦や親子以外に遺産を相続させるようにする人も少ないです。
しかし、場合によっては遺言によって、夫婦や親子以外の方に遺産を相続させることもあります。
遺言に書いてある内容は絶対なので、たとえ家族でなくても相続人になれる可能性はあります。

また、結婚をしていない場合は、当人の兄弟や両親が相続をすることもあります。
また、全く身寄りがない場合は最終的に国がその財産を管理することになるケースもあります。
よって、必ずしも相続というのは家族の中だけで行われることではないのです。
場合によっては、事実婚をしている内縁の妻が相続人になることがあったり、認知をしている子供が相続人になることもあるのです。

もし、夫婦や親子以外が相続をしたとしても、基本的に夫婦や親子などの相続人は民法によってその権利は保証されているので、一定の額の相続分を受け取ることができます。
よって、仮に遺言状に配偶者や子供の名前が書かれていなかったとしても、民法で認められている分の相続を請求することができるということは知っておきましょう。

また、夫婦や親子の場合は相続税が控除されるケースがありますが、それ以外の人の場合は控除を受けることができないので注意をしましょう。
相続というのは、家族以外の人間が関わることがあるので、よく勉強しておきましょう。
Copyright(C) 遺産の分け方 All Rights Reserved.