財産の残し方

事実婚での相続の権利

相続というのは、基本的には被相続人の家族に対してそれを受ける権利が生じます。
遺言がある場合ならば、家族であってもなくても、それには関係なしに誰にでも財産を相続させることができますが、遺言がない場合はそういうことにはなりません。
よって、相続権を持つことができるかどうかということは、財産をもらえるかもらえないかを左右するので、被相続人が大きな資産を持っている時にはかなり重要なことになります。

色々なケースについて、相続権があるのかどうか気になる方は多いでしょう。
中でも事実婚の場合は、法的にどのような扱いになっているのか詳しく知りたい方はたくさんいると思います。
事実婚というのは、公的には婚姻関係にあるとはみなされません。
しかし、一定の権利は認められていて、たとえば、離婚をする場合に、事実婚であったとしても財産分与を請求することはできます。

しかし、事実婚の場合は相続権は一切ありません。
全く相続をする権利が認められないということなのです。
相続というのは、本来の役割は、家系を通じて、財産を子孫に残すために必要となるものなのです。

また、家族が優先されるというのも当然のことでしょう。
子供たちよりも内縁の妻の方が相続に関して有利な状況になるというのはかなり不公平であるとみなされるため、事実婚の場合は基本的には相続権が無いのです。

ただし、一部例外はあります。
たとえば、被相続人に相続人が一人もいなかった場合を考えてみましょう。
この場合は、事実婚の関係にある人に財産の全て、あるいは一部が与えられるケースもあります。
ただし、法定相続人が一人でもいることが分かれば、事実婚の関係にある人は相続権を認められることは絶対にありません。

このように、事実婚の場合は様々な点で法的に不利な立場になることが多いので、注意をしましょう。
また、事実婚の関係にこれからなろうと考えている方は、将来相続に関しては全く権利を与えられないことを理解しておきましょう。
Copyright(C) 遺産の分け方 All Rights Reserved.