財産の残し方

相続される物とその範囲

今までに遺産を相続したことがあるという方はどれくらいいるでしょうか。
遺産相続に関しては、経験のある方であれば、しっかりとした知識を持っていることが多いですが、今までに全く経験がない場合は、遺産相続に関してほとんど何も知らないという場合が多いです。
ここでは遺産相続に関して、どのような物が相続をされるのか、またその範囲についても説明をしましょう。

遺産相続される物としては、色々な物があります。
例えば、土地や建物の不動産、現金、預貯金、小切手、株式などはまさに財産といえるものであり、対象となっています。
他には、家具や自動車、貴金属などもそうです。
また、ゴルフ会員権や絵画、骨董品などもその対象となります。
他に、貸付金がある場合はそれも相続の対象となります。

これ以外の物に関しては扱いが難しくなる物が多いです。
慰謝料を請求する権利に関しては、被相続人が仮に生きていたとして慰謝料を請求していたであろうと考えられる場合にはその権利を相続することができます。
生命保険金に関しては、受取人が指定されている場合にはそれ以外の人が受け取ることができません。

借地や借地権などは相続の対象となります。
遺族年金に関しては相続の対象には含まれないです。
上記までに説明をしたのは基本的にお金や財産を受け取ることができる物でしたが、反対に負の財産に関しても相続される物に含まれるので注意をしましょう。
たとえば、借金や未払金、買掛金、税金などです。

このように、相続される物の対象というのは法律によって明確に定められています。
自分たちで勝手に決めるようなことは許されていないのです。
よって、被相続人が死亡した時には本人の財産に関して整理をするなどの行動に出る必要があります。
また、なるべくならば生きている間に、財産に関して、自分はどのような物を持っているのかを確認して、遺言状などを書いておくほうが楽です。
その方が、後で遺族同士のいざこざに発展しないで済みます。
Copyright(C) 遺産の分け方 All Rights Reserved.