財産の残し方

相続を拒否できる?

親などが亡くなった時や、あるいは遺言などで自分のお世話になった人から遺産を受けることになる方がいると思います。
そういう場合は、大抵はそれを素直に受け取ることが多いでしょう。
その人にお世話になっていたり、被相続人が親であれば、やはり家族で遺産を受け継ぐのが普通のことだと考える人も多いので、相続をすんなりと受け入れる人も多いです。
しかし、相続というのは必ず受けなければいけないというものではありません。
これはどういった理由によるのでしょうか。

相続する時に受け取ることになる財産というのはプラスの財産もあれば、マイナスの財産もあります。
プラスの財産であるならば、それを積極的に受け取りたいと考える人は多いと思います。
税金を余分に支払う必要がありますが、それでも大きな価値のある財産を相続できるのであれば、プラスにはなるでしょう。

しかし、相続というのは必ずしもプラスの財産だけを受け取ることになるわけではないのです。
資産だけを相続することができるのであれば、相続人としての権利を拒否する人はいないでしょう。
しかし、相続をすることによって、被相続人の借金や税金などを支払う義務が生じてしまうと、それは大きな負担になります。
なかには、これらのマイナスの財産と呼ばれるものを相続する場合もあります。
それは、プラスの資産とマイナスの資産を合わせたら、全体ではプラスになる場合です。

しかし、資産があまりなくて、借金ばかりが残されているような場合には、それを相続したとしても得をすることは全く無くなってしまいます。
損ばかりすることになるので、そのような財産は相続したくないという方も多いでしょう。

相続を放棄するには、被相続人からの相続が開始してから、3ヶ月以内に手続きをする必要があります。
亡くなってから3ヶ月というわけではないので注意をしましょう。
相続放棄をするという選択をすると、被相続人からの財産は全く受け取ることができなくなるので、よく考えてから手続きをするようにしてください。
Copyright(C) 遺産の分け方 All Rights Reserved.