財産の残し方

相続の登記について

被相続人の家族であったり、被相続人が遺言状を書いていてその中に自分の名前がある場合などは相続をすることになります。
相続をする場合は、ただ黙って待っていればよいというわけではありません。
色々とやらなければいけないことがあります。
法的な手続きをすることによって、財産を相続することができるようになるので、それらを忘れないようにする必要があります。

相続人が財産を相続する際には、名義を変更する手続きを行う必要があります。
どのような財産に当てはまるのかというと、主に建物や土地などの不動産に関してです。
相続人が不動産を相続する時には、登記をする必要があります。
登記をすることによって、不動産の名義を変更して、それによって初めて正当にその不動産を所有することができるようになります。
名義を変更しないと自分の所有物であると主張することができなくなるので、気をつけましょう。

登記というのは、公的に所有権が自分のものであると示すために必要となります。
これによって、たとえば、その相続した土地を売却することができるようになります。
登記をしておかないと、不動産を売却することができないので注意をしましょう。
また、不動産の登記に関しては、特に義務や罰則などの規定があるわけではないので、自分の責任によって登記をする必要があります。

不動産の登記をしておかないと、将来的に色々な問題が起こる可能性があります。
たとえば、長期間不動産の名義を変更しないままでいると、相続人が増えてしまった場合などに困ります。
たとえば、あなたが不動産を相続して、その後に名義を変更しないまま結婚をして子供ができてしまったら、自分以外にも相続権が発生する可能性が出てくるので、そうなると名義変更をすることが難しくなります。
なるべく早く不動産の名義は変更しておきましょう。

また、不動産を相続する場合に遺産分割協議をして分割した不動産を相続した場合は、後で遺産分割協議に納得できないという方が現れた場合、不動産を売却することが困難になるので、早めに名義を変更しましょう。
Copyright(C) 遺産の分け方 All Rights Reserved.