財産の残し方

法廷相続分とは何か

相続に関しては、基本的には本人たちが納得できるのであれば、どのような相続の仕方をしても良いことになっています。
相続人全員の同意があることが条件ですが、自分たちで話し合いをした結果として、好きなように遺産を分割することができます。
しかし、遺産の額が高額になる場合や、相続人の数が多い場合などに上手く遺産相続をすることができないというケースがよくあります。
そういう場合には、法律によって定められた基準に従い遺産相続をするのが一般的です。

法律によって、どんな風に財産を分けるのが良いのか定めたものを法定相続分と呼びます。
基本的にはこの法定相続分に従う必要はないのですが、揉め事を避ける必要があったり、なるべく一人も不満を持たず損をするような人間を作りたくない場合には、この法定相続分に従って遺産分割を決めるのが良いとされています。

また、遺産分割を自分たちの力だけでは決めることができない時には、弁護士の力を借りたり、最終的には家庭裁判所の審判を受けることになります。
その時の基準になるのがこの法定相続分であるので、これから相続に関わる可能性のある方は、この法定相続分がどのようになっているのかを把握しておいた方が良いでしょう。

法定相続分の取り分は明確に定められています。
基本的には、配偶者にまずは取り分が分けられて、その残った分を他の相続人に対して均等に分けることになります。
たとえば、配偶者と子供がいる場合には、配偶者にまずは2分の1分けて、残りを子供に与えます。
配偶者と、非相続人の父母がいる場合には、配偶者にまずは3分の2を与えて、残りの3分の1を被相続人の父母に与えます。

配偶者と被相続人の兄弟で分ける場合には、配偶者に4分の3を与えて、残りを兄弟に与えます。
基本的にどのような場合であっても、常に配偶者には取り分があります。
ただし、婚姻関係にある必要があり、内縁の妻の場合は法定相続分はありません。
Copyright(C) 遺産の分け方 All Rights Reserved.