財産の残し方

遺言はどの程度相続に関係するの?

相続に関しては、様々な事柄に気をつける必要があります。
お金や財産が絡むと人間というのは冷静でいられなくなることが多いです。
普段は善良な人であっても、遺産相続で莫大な額の相続をできる可能性があるという場合であれば、色々な問題が生じることがあります。

特にトラブルになりやすいのは誰がどのくらい相続をするのかということでしょう。
基本的に法律によって優先順位などは決められているのですが、それ以外に遺言による影響もあります。

遺言というのは果たして遺産相続にどの程度影響力を持っているのでしょうか。
まず、遺言とういのは何であるのかを説明しましょう。
それは、亡くなった人が、遺産相続に関してどういう扱いをして欲しいのか本人の希望を遺言書という形で書面で残すことができるのです。
そして、遺言書にある内容は基本的に最優先されることになります。
これは本人の意思とみなされるので当然のことなのです。

そして、遺言書の内容というのは自分の意思によって、法律で定められている内容とは関係なく決めることができます。
つまり、被相続人が自分の意志で財産の分配を決めることができるというわけなのです。
遺言書の存在のせいで、本来であれば遺産を相続できる権利を持つことができるはずなのに、相続権が与えられないということはよくあることです。

たとえば、遺言状により一部の人間だけがかなりの割合で遺産を相続することもあります。
また、必ずしも遺産相続で現金などをもらえるわけではなくて、場合によっては換金しにくいものを相続しなくてはいけないこともあります。
遺言状の内容は絶対なのですが、それでは納得することができない場合もあるでしょう。
一部の場合については、遺留分滅殺請求権を行使することによって、遺留分の相続を受けることができる可能性があります。
しかし、これは遺留分を侵害されていると判断されるケースでのみ有効な方法であり、基本的には遺言書の内容は絶対であると考えておきましょう。
Copyright(C) 遺産の分け方 All Rights Reserved.